産後骨盤矯正ブログ

痛み止めを飲むときの注意点

  • 2014年05月10日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

今日は痛み止めのお話です。
腰痛や頭痛などの体の痛みは不快なものです。
私も出来るなら感じずにいたいものです。
だからリボディの患者さんも同じで飲んでいる方もいます。

私は患者さんに言っています。
飲んだ時のメリットとデメリットを。

まずメリットです。
これはわかりやすいです。
痛みがしばらくしたらおさまります。
だから快適に過ごせるようになります。

薬を飲む際の注意点は、
その場しのぎであるという事です。
これもわかりやすいと思いますが、
薬を飲んで痛みがない状態が治った状態かというと違います。
治った状態というのは薬を飲まないでも痛まない状態を言います。

1つ目のデメリットとしたら痛みがマシになるので、
いつも以上に動きすぎてしまいます。
その結果、薬の効果が切れると飲む前よりも
痛くなっているという事が多いのです。

2つ目のデメリットです。
薬を飲みながら整体を行っていくと、
いつも痛みがないのでいい状態か悪い状態かがわかりにくいという事です。

このメリットとデメリットを理解した上で
薬は服用してください。と患者さんには伝えています。
そして、飲まなくても我慢出来るくらいの痛みになったら
痛み止め薬の服用はやめるという前提でリボディでは整体をしています。

産後太り

  • 2014年05月09日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

今日は産後太りに関してです。
これに悩む産後のお母さんは多いと思います。
産後は特に骨盤周りから下半身に脂肪が付きやすいのです。

なぜか?

骨盤が緩んでいるからです。
骨盤が緩むと脂肪が付きます。
緩んだ分だけスペースが出来るのです。
緩むと骨盤は不安定になります。
この不安定感を安定させようと体が反応するのです。

これで脂肪が付くのです。
だから運動や食事制限を頑張ってやっても
産後にあまり成果が出ないのはこの為なんです。

じゃあどうすればいいか?

産後に骨盤矯正をするのです。
骨盤矯正をすることで産後の骨盤の緩みがなくなります。
といっても、1回で緩みが完全になくなるわけではありません。
何度か定期的に緩みを取る必要があります。

産後に骨盤が緩むと脂肪が付きやすい。
という以外には何も起こらないわけではありません。

「産後に体質が変わった」という話を
よく聞くと思いませんか?これは骨盤の中に
何が入っているかを考えれば一目瞭然なんです。
わかりますか??

骨盤の中には大切な内臓が入っているのです。
産後に骨盤が開くと体質が変わる原因はこの内臓にあるのです。
ですので腰痛や肩こりなど産後の症状が出てなくても骨盤矯正が必要なんです。
その上、産後のお母さんは頭痛や腰痛が出ても薬を飲めないので、予防が大切なんです。

帝王切開、骨盤矯正は必要?

  • 2014年05月09日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

今日は産後の骨盤に関してです。
産後の骨盤は出産で開きます。
よく聞かれる質問に
「帝王切開なんですが骨盤矯正必要ですか?」と聞かれます。

「必要です。」

なぜかと言うと、
これは出産の形態が違うだけなのです。
それまでは同じ経過を辿っているのです。

同じ経過というと、
妊娠中は骨盤が緩むのです。
これは皮膚は引っ張られてあそびがあります。
しかし骨(骨盤)は硬いのであそびがありません。
骨盤はあそびがないから関節同士のつながりを緩くします。

こうして骨盤のゆるみを出して、
赤ちゃんが大きくなるためのスペースを作っているのです。
ですので、帝王切開だろうと普通分娩だろうと関係はありません。
産後は骨盤矯正が必要なのです。

そしてこれもよく聞かれます。
産後はいつから骨盤矯正出来るのですか?

産後は1ヶ月目からが骨盤矯正が出来るのです。
理由は1ヶ月以内に骨盤矯正をしても、
不安定な状態過ぎて、ちっとも安定しません。
立ったり座ったりするだけで骨盤がズレます。
それぐらい産後1ヶ月以内の骨盤は不安定なのです。

ですのでこういう時期は、
無理して外に出ても仕方ないのです。
家で安静にしてください。とお伝えしています。

安静にする時期なのです。
だから病院では産後1ヶ月以内は安静期と言われるのです。

ページトップへ