産後骨盤矯正ブログ

正しい座り方って?できないとどうなる?

  • 2014年11月22日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

ずっと座っていると、最初はきちんと座っていても

だんだん腰が痛くなってくると、何となく腰がそってきたり

まるまってきたりしますよね。

もぞもぞしているうちに、正しい座り方ができなくなってきます。

 

 

でも、本当に普段から正しい座り方をしているのでしょうか。

正しい座り方というのは、骨の上にきちんと骨が乗っている状態。

きちんと重さが支えられている状態を言います。

それができていないと、筋肉に余計な負荷がかかってしまいます。

そうすると、筋肉疲労の腰痛が起こりやすくなりますね。

 

 

そしていつもいつも負荷がかかっていると

痛みが慢性化してくるため、今度はその部分をかばうために

他に余計な負荷が。

そして、常に負荷がかかっていた筋肉とその周辺の神経は

すっかり固まり、柔軟性を失います。

 

 

そうなるとちょっとしたことでぎっくり腰などが起こりやすく!

正しい座り方をきちんと知る、って大切なんです。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住では

骨盤矯正だけでなく正しい座り方の指導もします。

立ち方に問題があれば、そちらもアドバイスします。

検査をすれば、どこにいろいろな原因があるのか分かりますから

的確なアドバイスを行うことができるのです。

ページトップへ