産後骨盤矯正ブログ

ゆがみは靴に表れる

  • 2014年11月02日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

あなたは普段、自分の靴の裏をチェックするでしょうか。

靴底はどんどん擦り減っていきますよね。

特にスニーカーなどのゴム製は早いです。

その擦り減り具合、左右均等でしょうか。

 

 

この形状で実は骨盤のゆがみが分かります。

内側だけ、外側だけという減り方をして

気付いたら足がななめの状態・・・。

これ、ゆがみにさらに拍車をかけます。

ゆがんだまま履いているのはお勧めできません。

買い替えるか、修理するかしましょう。

 

 

というのも、そもそもまっすぐだったものが

どちらかに傾くと骨盤にさらに負担をかけてしまうのです。

例えば外側が擦り減ると、その靴をはくたびに

膝が外側に向けて引っ張られますよね。

 

 

まっすぐな靴底の状態でも膝が開いているから

靴底の擦り減りがひどいのですが

最初から擦り減った状態ではくと、ゆがみの方がひどくなるのです。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住では

日常生活のクセの見直しなどもアドバイスしていきます。

骨盤矯正をしながら、正しい立ち方や歩き方

体重のバランスの調整などを行っていきます。

 

 

骨盤もゆがみのクセも矯正できれば

靴底が変な風に減ることも少なくなります。

まずは靴底をチェックしてみましょう。

ページトップへ