産後骨盤矯正ブログ

腰痛ってこんな状態です。

  • 2015年05月04日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
大阪市腰痛専門整体院のリボディ魚住です。
今日は「腰痛の状態」についてご説明します。

 

なぜこれを説明するというと、皆さん知らないからです。
知ってもらうと、簡単に腰痛は改善されます。
少なくとも、今以上に悪くはならないでしょう。

 

腰痛の方にお話を聞くと、よく言われます。
背骨が狭くなっている。
ヘルニアが神経に触っている。
軟骨がすり減っている。

 

こんな感じだと思います。
これらは全て間違っていると考えてください。

 

確かに病院での検査画像では、
背骨が狭くなっているように見えるかもしれません。
ヘルニアが神経に触っているように見えるかもしれません。
軟骨がすり減っているように見えるかもしれません。

 

見える、、、というところがポイントですね。
原因があるから結果があるのです。

 

まずは結果。
結果として傷んでいるのは筋肉なんです。
筋肉に大小たくさんの傷が入っているんです。
これが表面の皮膚で見えなくなっているだけです。
皮膚を一枚めくると傷が入っている筋肉あると想像してください。

 

だから傷んでいるところをマッサージしたりするのは間違っています。
普通に考えて切り傷を揉んだりして、治るはずありませんから。
実はこれが腰痛の正体なんです。

 

では次回はなぜ筋肉が傷んでしまうのかをご説明します。
ありがとうございました。

 

ページトップへ