産後骨盤矯正ブログ

産後の腰痛にはいくつか種類があるんです

  • 2015年04月30日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

出産後の腰痛に悩む女性は多いです。

その腰痛には2種類あります。

1つは、骨盤のゆがみによるもの。

そしてもう1つは、生理痛によるものです。

 

 

骨盤のゆがみは、妊娠中に開いた骨盤が

元に戻る際にずれてしまった確率が高いです。

どうしても産後は授乳中に横座りをしたりあぐらをかいたりしますが

これらは骨盤にとってあまりよくない姿勢なのです。

 

 

それにプラスして、産後は骨盤自体をゆるめるホルモンが出るので

さらにゆるんでしまうんですね。

産後1カ月くらいにちょうど不安定な骨盤が落ち着き始めるので

骨盤矯正を行っておくと腰痛を予防できます。

 

 

また、その骨盤のゆがみが血行不良を引き起こします。

骨盤が内臓を圧迫するのが原因です。

それが原因で血行不良になると腰が重たい腰痛になりやすくなります。

この二つの腰痛は、どちらも骨盤矯正をすることで改善される確率が高いです。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住は女性専門の整体院です。

産後のお母さんたちが骨盤のゆがみにより

腰痛や股関節痛に悩んでいるのが分かっているからこそ

その症状を改善したいと心から思っています。

ぜひ一度、ご相談ください。

いつでもお待ちしています。

ページトップへ