産後骨盤矯正ブログ

原因の分からない腰痛と言うけれど

  • 2015年04月15日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

腰が痛くて病院に行っても、その原因がはっきり分からないものは

意外と多いものです。

実際、原因の分からない腰痛は全体の80%以上を占める、というデータも出ています。

しかし、その原因の大半が、固くなってしまった筋肉なのです。

 

 

筋肉はもともと柔軟性があるものです。

しかし、急激に強い負荷がかかったり、弱くても継続的に負荷がかかり続けると

筋肉疲労がたまり、固まってしまうのです。

固く縮んでしまった筋肉は、そのまま放置するとずっとそのままです。

その間にも負荷がかかり続けている場合、さらに固まる可能性もあります。

 

 

固くなった筋肉はちょっとした刺激で痛みやすいので

ぎっくり腰等の急激な腰痛を引き起こす可能性がぐんとアップします。

これをほぐすために行われるセルフ整体などが人気です。

もちろん、自分で行う体操のような整体で

ある程度体のメンテナンスをすることは可能です。

 

 

しかし、それでも筋肉に負荷をかける状態を引き起こす

日常生活は変わることがありません。

そこはプロのアドバイスを受けるべきです。

大阪市にある整体院、リボディ魚住のように

ペーパーできっちり日常生活指導を行う整体を選んでくださいね。

ページトップへ