産後骨盤矯正ブログ

安静型の腰痛とは

  • 2015年04月11日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

まだまだ腰痛のお話は続きます。

今日は安静型の腰痛のお話です。

安静型というのは、いわゆる座りっぱなし、立ちっぱなしなどじっとしている状態が

続くと起こる痛みのことです。

ずっと座っていて、立ち上がると痛みが増す、ということも多いので

例えば伸展性や屈曲性の腰痛と同じような感じにもとらえられるようです。

 

 

このタイプの腰痛を予防するには、こまめな休憩を取り

ストレッチなどを行って体をかたまらせないようにするのがポイントです。

1時間に1回は首や腰を回すなどした方がいいですね。

しかし、仕事で一日中立っている、座っているなどの人は

いくらストレッチをしても毎日同じ状態が続くので

その程度ではなかなか軽減できません。

そんな時には、やはり整体や整形外科など、プロの手を借りるのがベストです。

体のゆがみをリセットし、腰痛が起こりにくい体にしましょう。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住は女性専門の整体院です。

施術時間は、初診時以外は20分程度で終了しますので

予約を入れておいてもらえれば、会社帰りなどでも気軽に寄っていただけます。

月に1度は、腰痛をひどくしないためにメンテナンスを行いましょう。

ページトップへ