産後骨盤矯正ブログ

人間が腰痛になりやすい理由

  • 2015年02月02日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

一生のうちに腰痛を体験する人は、人口の8割程度だと言われています。

もともと人間は進化の途中で2足歩行になってきたので

腰痛を発症しやすいようです。

それまでは4足で支えていたものが立ちあがり、2足で歩く。

そのためには、骨盤にしっかり背骨から上の重さを乗せねばなりません。

しかし、骨盤自体はしっかりしていても、背骨は真ん中に一本のみ。

腰の部分も、ほぼこの1本となっています。

 

 

上からの負荷をしっかりと骨盤で受けられればいいのですが

その土台がしっかりしていないと、腰である程度受け止めることになります。

人間は腰部でバランスを取るので、ゆがみなどが出やすいのです。

そのため、腰が痛くなる「腰痛」になりやすいんですね。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住には、腰痛に悩む方がたくさんいらっしゃいます。

そしてその90%以上が、腰痛と決別しています。

もちろん、一度施術をしたからもう二度とゆがまない、ということはありません。

ゆがみの原因は、あなたの立ち方や座り方にあるかもしれないからです。

 

 

同じような症状を抱えて悩まれていた方々が笑顔で答えているインタビュー。

ホームページから見ることができますので、見てみてください。

そしてあなたも仲間入りをしませんか。

ページトップへ