産後骨盤矯正ブログ

腰痛は職業病ではない!!

  • 2015年04月11日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。大阪市の整体院リボディ魚住です。

今日はよく病院で言われることなんですけど。
腰が痛いわと思って病院行ったら、「職業病ですね」って言われることがあるんですね。

例えば、介護士さんとか看護師さんとかね。立ち仕事の人とか「結構ハードワークの人たちですね。職業病です。職業柄腰痛がね、、、」って言われるんですけど、ほんまに職業病?その職業してる人全員腰痛かっていったらそんなことないですよね。

ということは、職業病でもないんですよね。じゃあ何かって言ったら職業によって全員腰が痛んでるんじゃなしに、その職業によってある特定の使い方をされてる方が腰痛になっているはずなんですね。

ということは、そのある特定の使い方をした時にある特定の形に体がなって、それによってある特定の場所が痛んでるっていうだけですよね。

何をしていったらいいかってある特定のその使い方、看護師さんとか介護士さんに多いような使い方を注意して改善していきますよね。

それによって骨盤などがズレて、体の形状が変わったりとか、その形状のバランスも変えていかないといけないですね。

この二つをしていかないといけないですね。あとは体重のバランスがそういう方って乱れてますので、バランスを調整していかないといけないですね。

この三つがリボディ魚住ではトライアングル整体って言います。

結局、職業病やったとしたら仕事自体を変えないといけませんよね。
でも、仕事なんか変えてられないじゃないですか。しかも仕事変えて腰痛が治るんかって言ったら同じような仕事したら一緒ですよ。あまり変わんないですよ。

そしたら仕事が原因じゃないですよね??
だから仕事による、ある特定の使い方が原因なんで、その使い方をちゃんと教えていただいたらちゃんと対処お教え致します。

ですので、看護師さんとか介護士さんでうちの患者さんでも多いんですけど、そういってお仕事で腰痛で困られてて例えば「ベルトずうっと巻いてんねん」とか「仕事が怖いねん」とかっていう方は一度ご相談ください。きっとお力になれると思います。はい、今日はそうしたらここまでです。ありがとうございました。

ページトップへ