産後骨盤矯正ブログ

腰痛とふくらはぎの関係は

  • 2015年03月31日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

第二の心臓と言われるふくらはぎ。

この部分を見ると、腰に疲労がたまって腰痛が起こりやすくなっているかどうかが

分かると言われています。

心臓と同じように、体内の血液を循環させるためのポンプのような役割も果たすふくらはぎは、体の重さも支えています。

日常生活やスポーツなどで疲労がたまるとてきめんあらわれます。

そして、体重のバランスが乱れている場合などもふくらはぎで分かるのです。

 

 

例えば、左右どちらかだけに体重がかかっている場合

負担がかかっている側のふくらはぎが固くなっていたりします。

こういう場合には、体のバランスが乱れているので

腰痛が起こりやすくなっていたりもするのです。

ふくらはぎと腰は切っても切れない関係。

これを覚えていると、腰痛になりやすい状態かどうかを

しっかり確認することができます。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住では

患部をもみほぐすマッサージはしませんが、ゆがみを正すための

オリジナルの整体法で施術を行っていきます。

腰痛の解消はもちろんですが、ふくらはぎの疲れやこりに関しても

同時に解消できるよう、体重バランスの矯正や

片側に体重をかけやすいなどの生活習慣改善なども行いますよ。

ページトップへ