産後骨盤矯正ブログ

生理の時の腰痛

  • 2016年01月08日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

生理の時の腰痛について

こんにちは。
大阪市の保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「生理の時の腰痛について」
という記事です。

 

 

女性が毎月1回生理に苦しみます。
・生理痛で動けない
・生理になると3日目までがひどい
・生理になると痛み止めを飲む
・生理で腰痛が酷くなる

 

 

と不安になる女性が多くいます。
そこで生理痛の不安を解消するために、
生理と腰痛の関係がどのようになっているのかを
解説していきたいと思います。

 

 

目次

 

生理と腰痛の関係

なぜこれを説明するかと言うと、
「毎月1回女性には付き物」だからです。

 

 

患者さんでよく聞かれます。
「生理が近づくと腰痛がひどくなる気がします。
何か関係はあるのですか?」

 

 

実は関係あるんですねー。
生理と骨盤はめちゃくちゃ関係があります。
では、生理の時は何が起こっているのかを考えましょう。

 

 

生理の前に起こる事とは…

まず排卵が行われる前に指令が出ます。
その指令は卵が乗っていられるベッドを、
作って欲しいという指令です。
このベッドの上でしか卵は生きていられません。
卵は1、2日しか生きられません。

 

 

そして排卵がされます。
排卵されて精子が来なかったら、
卵は死んでしまいます。

 

 

だから腰痛がひどくなる

この生理中はホルモンの関係で、
子宮は収縮して不要になった内膜を出そうとしています。
収縮する際に痛みを伴います。
そしてこのホルモンが骨盤を不安定にします。

 

 

だから生理中は腰痛がひどいように
感じてしまうのです。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境で産後の骨盤を整えたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。
ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘

ページトップへ