産後骨盤矯正ブログ

箕面市から通院するぎっくり腰の患者さん

  • 2016年01月06日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

箕面市から通院するぎっくり腰の患者さん

こんにちは。
大阪市の保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「箕面市から通院するぎっくり腰の患者さん」
という記事です。

 

 

なぜこれを説明するかと言うと、
「他の整体などが怖いという理由」があるからです。

 

 

多くの女性のぎっくり腰に対するイメージですが、
・重い荷物を持ってぎっくり腰になった
・くしゃみをしてぎっくり腰になった
・立ち上がろうとしてぎっくり腰になった
・車から降りた時にぎっくり腰になった

 

 

と不安になる女性が多くいます。
そこで整体に対する不安を解消するために、
ぎっくり腰がどのようになっているのかを
解説していきたいと思います。

 

 

目次

 

最初は尻もちをついただけ

この患者さんは2ヶ月ほど前に来られました。
その時、こんな症状で来られました。
ゴルフ場で尻もちをついたそうです。

 

ゴルフは芝生の上でのスポーツです。
階段なども自然に配慮し、木製なんです。
木製なんで雨に濡れると滑りやすくなります。
そんな状態で滑って、尻もちをついたそうです。

 

 

翌日の朝に…

転倒後、ゴルフも続けられたそうです。
当日はそれほどでもなかったそうですが、
翌日起きれないほどの腰痛だったそうです。

 

 

普通ぎっくり腰などは、
重い荷物や急な運動などをして、
急激な腰の痛みが出るものです。
しかし、今回の場合は違います。
朝目を覚ましたらぎっくり腰になっていたそうです。

 

 

寝ただけでぎっくり腰になる理由

この状態を説明しましょう。
これは尻もちをついた瞬間に骨盤のズレを作ったのです。
そしてゴルフをしている最中に、
どんどん筋肉の負担を重ねていったのです。

 

 

それと作られた骨盤のズレの種類が、
寝ると大きくなるパターンのズレだったためですね。
だから寝るまで問題なかったのに、
起きた瞬間にぎっくり腰になっていたのです。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境で産後の骨盤を整えたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。
ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘

ページトップへ