産後骨盤矯正ブログ

腰痛で何かを始めても続かない人の特徴

  • 2015年12月08日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

腰痛で何かを始めても続かない人の特徴

 
 
こんにちは。
大阪市の保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「腰痛で何かを始めても続かない人の特徴」
という記事です。
 
 
腰痛の時に気になるのは、
・変な体勢をすると腰が痛む
・毎日、午前中に腰が痛む
・様子を見ているとひどくなった
・治療に行くと余計に痛くなる
 
 
と不安になるママさんが多くいます。
そこで腰痛のママさんの不安を解消するために、
腰痛になった時に何が大事なのかを
解説していきたいと思います。
 
 
なぜこれを説明するかと言うと、
自分が腰痛で何かを始めないと、
って思っていて何かを始めたにも関わらず、
続かない人が多いからです。
 
 

目次

 
 

あなたもこうなっていませんか?

 
座ると腰痛になるから姿勢に注意する。
歩いたら腰痛になるから歩き方を注意する。
立っていると腰痛になるから、立ち方を工夫する。
前かがみで腰痛になるから、注意してみる。
朝起きると腰痛だから、ベッドで寝るようにする。 
 
 

まずやってみること

 
これらは腰痛になる時の生活習慣についてです。
腰痛になる人はこれらの生活の中で、
自分の体を壊しているのです。
それがわかっているのです。
でも生活の中での習慣を変えるのは、
簡単でないこともわかっている。

ではどうやって変えていくか。
例えばイスの座り方です。
正しいイスの座り方を1分から始めてみる。
 
 

1分の延長が毎日につながる

 
たった1分???
そう1分です。
そんなんやったら成果なんか出ーへんと
怒られそうですが、、、
目標は実際に始めてみて、
それを継続させることです。

習慣とは少しの継続から出来上がったものなんです。

1分なんて!
って思う人はやらなかったら良いと思います。
その考え方では一生変わりませんから。

1分が出来たら、5分くらいは簡単です。
そしたら30分くらいも余裕になります。
1円を笑うものは、、、と同じ考えですね(笑)
 
 
 
保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境で産後の骨盤を整えたい人は、
一度ご相談ください。
 
 
今日はここまでです。
ありがとうございました。
 
 
ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。
 
 
保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘

ページトップへ