産後骨盤矯正ブログ

冬に腰痛になる理由 その3 気圧と体

  • 2015年12月04日
  • |カテゴリー: 未分類
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「冬に腰痛になる理由 その3」についてご説明します。

なぜこれを説明するかと言うと、
体と天候はある1つのことで共通していることがあるからです。
それは気圧です。
漠然と低気圧=体調不良と思っていませんか??

冬は天気が悪いことが多いです。
天気が悪い=気圧が低いです。

気圧と体の調子は昔からよく関係があると言われています。
特に私は腰痛専門整体院をしているので、
気圧と腰痛の関係にも注意しながら整体をしています。

気圧が下がるとどうなるか??

骨盤が広がります。
そうです。
産後の骨盤の広がりと同じようなことが起こります。

と言っても、
心配しないでください。
出産並みの骨盤の広がりかって言うと、
そこまでひどくはありません。

でも広がるのは事実です。
そしたら、広がるとどうなるのか?

骨盤などの骨はパズルのピースと同じです。
1つ1つがはまっていて、ちゃんと動くわけです。
でもはまっていなかったら、動きにくいのです。
動きにくいのに動かそうとするわけです。

結果的に、いつも以上の負担が体に増えます。
しかも無意識なんですね。
「いつもよりちょっと動きにくいなー」
なんて感じたりしません。
だから痛みとなって体が教えてくれているんです。

痛みは体の異変のシグナルなんです。
だから痛み止めなんかで鎮痛することを私はオススメしません。
今日はここまでです。
大阪市玉造の女性専用腰痛専門整体院 リボディ魚住でした。

ページトップへ