産後骨盤矯正ブログ

ヘルニアは手術しないと治らないの?

  • 2015年12月01日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

ヘルニアは手術しないと治らないの?

こんにちは。
大阪市の保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「ヘルニアは手術しないと治らないの?」
という記事です。

 

 

腰痛の時に気になるのは、
・このままだったらヘルニアになるの?
・病院に行ったらヘルニアと診断された
・長い間、腰に負担がかかったのかな
・寒い中、動き回ったからかな。

 

 

と、原因を考える腰痛のママさんが多くいます。
腰痛とヘルニアの関係がどのようになっているのかを
解説していきたいと思います。

 

 

なぜこれを説明するかと言うと、
病院では聞けないそうだからです。
そうリボディの患者さんが言っていましたから。
そもそも病院の立ち位置を考えてください。

 

 

目次

 

病院でしてもらえること

検査をする。
悪いところが見つかる。
薬か手術かを選ぶ。

 

 

病院はヘルニアでも他の病気でもそうですが、
基本的にこの流れになりますよね。
要するに選択肢が薬か注射になるんです。
薬で様子を見て、変化が乏しいなら
手術を考えるパターンです。

 

 

薬を飲めるならまだいいですけど、
産後の女性は薬を飲むことができませんね。
じゃあどうしたらいいの?

 

 

病院では50万くらいです

この様子を見ている段階で、
セカンドオピニオン的に他の方法を探る方が多いですね。
最近は良いも悪いもネット社会なんで。
そこでいろんな情報があります。
ちょっと調べると他の方法は見つかると思います。

 

 

ヘルニアの手術は保険が効きません。
50万円くらいは必要です。
その上、大事な体に傷もつきます。

 

 

整体なら○○

それが整体ならおそらく10万円もあれば、
お釣りがくるでしょう。
ヘルニア手術のような傷も付きません。
会社なども休まなくて大丈夫です。
通院しながらのヘルニア治療が可能です。

 

 

あなたがヘルニアになったら、
どちらが良いですか?
高くて体に傷がつく手術か、
安くて傷も付かなくて、休業しなくて済む整体か?

 

 

まずは大掛かりなことを考えるよりも、
失敗しても戻れる選択肢を考えましょう。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境でヘルニアの治療をしたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。
ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘

ページトップへ