産後骨盤矯正ブログ

悪くする因子が多すぎるから腰痛が改善しない。

  • 2015年11月24日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

悪くする因子が多すぎるから腰痛が改善しない

こんにちは。
大阪市の保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「悪くする因子が多すぎるから腰痛が改善しない」
という記事です。

 

 

腰痛の時に産後のママさんが気になるのは、
・何をしていても腰が痛い
・病院に行ってもマシにならない
・マッサージでは良くならない
・骨盤の歪みが原因だと思う

 

 

という腰痛のママさんが多くいます。
腰痛を解決する時にどんな要素が必要なのかを
解説していきたいと思います。

 

 

なぜこれを説明するかと言うと、
施術前にわかっておかないといけないからです。

 

 

目次

 

 

あなたの理想は?

まずあなたはどっちの人なのか?
最短ルートで腰痛を改善したいのか、
それとも自分の好きなことをしながら、
時間がかかってもいいから、
ゆっくり腰痛を改善したいのか?

 

 

これによって方向性はかなり変わります。

 

 

なんで腰痛になっているのかを考えて欲しいです。
好きなことを、好きな時間に、
好きな量だけやった結果、
今の腰痛が起こっているのです。

 

 

なんで腰痛になったの?

よく聞きます。
あなたが腰痛になった原因はわかりますか?
そしたら返ってくる答えは
「わかりません。いつの間にか、、、」

 

 

これが答えです。
いつの間にかということは、
毎日気づかないところで体を痛めていたのです。

 

 

毎日すること。
それこそが生活習慣なんです。

 

 

歩くこと。
座ること。
荷物を持つこと。
立っていること。
自転車に乗ること。

 

 

知らないうちにの「意味」

 

これらは毎日繰り返されます。
だからこれが原因なんて、
これっぽっちも思っていないんです。
でも本当の原因はこの生活習慣なんです。

 

 

だからあなたが好きなことを、
しながらというのを選ぶなら、
腰痛は改善しにくいでしょう。
だってそれは体を悪くする要素が多いからです。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境で腰痛の治療をしたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。
ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘

ページトップへ