産後骨盤矯正ブログ

いい意味で腰痛の患者さんを裏切る

  • 2015年11月21日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

いい意味で腰痛の患者さんを裏切る

こんにちは。
大阪市の保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「いい意味で腰痛の患者さんを裏切る」
という記事です。

 

 

腰痛の時に気になるのは、
・無理したから痛むのかな
・腹筋がなくなったから腰痛なのかな
・運動しないと腰痛治らないのかな
・シップだけでは治らない

 

 

と不安になる腰痛のママさんが多くいます。
そこで産後のママさんの不安を解消するために、
リボディ魚住の腰痛治療がどのようになっているのかを
解説していきたいと思います。

 

 

なぜこれを説明するかと言うと、
私は腰痛のプロだからです。
言い方が悪いですが、患者さんは体のアマチュアです。
その向こう側に危険があるなら、
その道のプロとしては伝えるべきだと思います。

 

 

目次

 

 

あなたの健康とは

その昔、私が整形外科のリハビリに勤めていた時です。
そこではリハビリとして、マッサージや腰牽引、
温熱治療などが施されていました。
病院ではよくある光景です。

 

 

私は勉強するうちに疑問が湧きました。
本当に体にいいものは?
健康とは何か?

 

 

患者さんに提供する基準とは…

この答えは簡単ではないと思います。
でもまずわかったことは、
悪いものを除去することで、
不健康な方向にはいかない。
これは当時の私にもわかりました。

 

 

そこから考えました。

 

 

表面的でもいい。
気持ちいいから。
安いから。
病院でもやっているから。

 

 

これではダメだと。

 

 

ようやく少しわかったのが、
「自分の大事な家族や親でも、
同じことを提供するのか?」という基準。

 

 

家族にも提供できるモノ

私の整体院にも、
腰痛を持った医師などが来院されます。
そのたびに何か矛盾を感じます。

 

 

自分の病院で治療を受けないのかな?

 

 

私なら腰痛になるとスタッフに施術してもらいます。
それが一番の解決策と知っているからです。

 

 

これが僕の家族にも提供できる
「本当の医療」だと思います。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境で産後の骨盤を整えたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。
ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘

ページトップへ