産後骨盤矯正ブログ

技術が悪くて腰痛が改善しない理由

  • 2015年11月16日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「技術が悪くて腰痛が改善しない理由」についてご説明します。

なぜこれを説明するかと言うと、
誤解されている方が時々いらっしゃるからです。
腰痛が改善しない理由がいくつもあるというのは前回までのお話です。

今回はそれを1つ1つご説明していきます。
「施術の技術が悪くて腰痛が改善しない」
もうこれは最もダメなパターンですね。
売っている商品が悪いということなので、付ける薬がないです。

人間には自然治癒力という、
自然に傷を回復させる力があるのです。
それを邪魔していますね。
だから良くならないのです。

逆に何がいい施術で、
何が悪い施術なのでしょうか??

1:きっちりと毎回検査
2:深い原因に対する施術
3:痛くない施術
4:注意点を伝える

私が腰痛で整体院を選ぶなら、
このあたりをホームページなどで書いてあるとこがいいですね。
逆に腰痛でマッサージを受けているとなったら、
該当するのはおそらく、1と3くらいではないでしょうか。

マッサージで良くなるのは筋肉の柔軟性です。
柔軟性がなくなる原因までは踏み込めていないです。
注意点と言ってもストレッチや体操くらいでしょうから、
普段の生活の体の使い方とかではないですよね。

この4つがきっちりしていたら、
腰痛なんて改善して当然ですね。
ここまでは治療家として技術は必要だと思います。

今日はここまでです。
大阪市女性専用整体院リボディ魚住でした。

ページトップへ