産後骨盤矯正ブログ

腰痛で座ると痛い時はどうするの??

  • 2015年11月10日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

腰痛で座ると痛い時はどうするの??

こんにちは。
大阪市の保育士がいる骨盤矯正サロン
リボディ魚住の魚住行弘です。

 

 

今日は「腰痛で座ると痛い時はどうするの??」というお話です。
患者さんからよくある質問です。
だから今回の話題にしてみました。

 

 

産後に体の症状で多いのは、
・抱っこ紐をしていると腰が痛い。
・長く歩くと骨盤周りがグラグラで腰が痛い。
・朝起きると腰が痛い。
・夕方になると腰が痛くなる。

 

 

と産後の腰痛がチラホラ出ている
産後のママさんが多くいます。
そこで産後のママさんの腰痛を解消するために、
解説していきたいと思います。

 

 

目次

 

あなたの座り方が問題です

なぜこれを説明するかと言うと、
座ると腰痛になる方は、
座り方に一番の問題があるのです。
だから座り方を改善するべきなんです。

 

 

腰痛なのに座らないと仕事にならない。
パソコン仕事で腰痛がひどくなった。
腰痛で5分と座れない。
座ると腰痛がひどくなり立てなくなる。

 

 

その座り方、本当に正しい?

正しい座り方って聞いていると思います。
小学校の時に先生なんかに言われているはずです。
「背筋をまっすぐに!」とか、
「背中を丸めない!」とかって感じです。
でもこれ本当なの??って話です。

 

 

まっすぐってどのぐらいをまっすぐっていうの?
背中を丸めないなら、どこをどうしたらいいの?

 

 

こうやって我が子に聞かれたらどう答えますか?
学校では先生は何て言ってるの??
学校の先生が言っているように!とか言ってごまかしますか??
子供は知ってますよ、、、

 

 

ほとんどは正しい姿勢を知らない

リボディ魚住では腰痛の方が多いのです。
そんな腰痛でお悩みの方はほとんどが、
姿勢が悪いんです。
そんな腰痛の患者さんは大体2通りいます。

 

 

まずは全くいい姿勢を知らないひと。
だから教えてあげると、すごくびっくりしています。
こんなに違うんや〜って!
頑張って気をつけます!って前向きです。

 

 

正しい姿勢は今までと必ず違います

もう1つは自分がいい姿勢をしていると、
思っているひと。勘違いですね。
これは今までの基準が違うのです。

 

 

だからいい姿勢をすると、
違和感があると言われています。
当たり前ですね(笑)
でも少しの努力ですぐに慣れます。

 

 

骨盤矯正をするとこんなメリットがあります。
例えば、産前に履けていたズポン。
産後は履けなくなるというのがお決まりです。
しかもほとんどの産後の女性が体重は元に戻った。
でもズボンが履けないというお悩みを持たれています。

 

 

骨盤のまわりがパンパン。
ズボンのボタンが閉まらない。
太ももの付け根のところで引っかかる。
でもご安心ください。
骨盤矯正をすると履けるようになります。

 

 

もしあなたのお友達などがご存知なければ、
教えてあげてください。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境で産後の骨盤を整えたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。

 

 

メールでご予約の方はこちら
LINEでご予約の方はこちら
電話でのお問い合わせはこちら

 

 

保育士のいる骨盤矯正整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘

ページトップへ