産後骨盤矯正ブログ

ヘルニアの腰痛がお風呂でマシになる理由

  • 2015年11月07日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

ヘルニアの腰痛がお風呂でマシになる理由

こんにちは。
大阪市の保育士がいる骨盤矯正サロン
リボディ魚住の魚住行弘です。

 

 

今日は「ヘルニアの腰痛がお風呂でマシになる理由
」というお話です。
患者さんからよくある質問です。
だから今回の話題にしてみました。

 

 

産後のヘルニアの症状で多いのは、
・朝起きると足がしびれる。
・台所で立っていると腰が痛い。
・歩くと腰が痛くて、足もしびれる。
・腰が痛くて座ってられない。

 

 

とヘルニアの症状がチラホラ出ている
産後のママさんが多くいます。
そこで産後のママさんのヘルニアを解消するために、
解説していきたいと思います。

 

 

目次

 

温める?冷やす?

なぜこれを説明するかと言うと、
ヘルニアの腰痛でも、座骨神経痛でも、
ぎっくり腰の腰痛でも
お風呂で温めると腰痛がマシになる。
だから温めた方が良い!!
って思っている腰痛の方が多いからです。

 

 

この意見は病院で聞いたとか、
リハビリで言われた、
という患者さんがほとんどです。

 

 

確かに温めるとマシになった気がしますし、
冷やすと痛いような気がしますから。

 

 

温めるとダメなのか?

結論から言うと、
腰痛の時に温めるのはダメです。
良くないのです。悪化します。

 

 

ではなんでダメなのか?
ちゃ〜んと理由があるんです。

 

 

お風呂に入ると、お湯が暖かいですね。
お湯の熱が体に移り、体も温かくなります。
体の中のは筋肉や血管、
神経などがたくさんあります。

 

 

お湯の熱が体に移るということは、
筋肉や血管、神経にも
その熱は移ることになります。

 

 

それが神経に熱が移るとどうなるか?

 

 

神経に熱が入ると…

神経の感度は下がります。
感度が下がるので、
痛みを感じにくい状態になります。

 

 

でも一時的であって、
実は傷口は変わらない状態です。
そして、熱が逃げた後に
神経の感度が元に戻ります。
そうすると痛み復活です。

 

 

さらに悪いことに、
腰痛がちょっとマシになった!って言って、
結構動いたりしてしまうんです。

 

 

そうすると傷口そのままやから、
動くと傷は大きくなります。
だから熱が逃げた後に腰痛が強くなった
というのは当たり前なんです。

 

 

でも冷えたから腰痛がひどくなったんや。
だからまた温めよう!って人が多いんです。
全くの勘違いなんです。

 

 

結局どうしたらいいの?

だからヘルニアの腰痛であろうと、
座骨神経痛であろうと、
ぎっくり腰の腰痛であろうと、
決してお風呂で温めてはいけません。

 

 

ネットを開いたら情報が溢れてます。
知らないよりは「まず知る」
そのあとで正誤は判断してください。

 

 

骨盤矯正をするとこんなメリットがあります。
例えば、産前に履けていたズポン。
産後は履けなくなるというのがお決まりです。
しかもほとんどの産後の女性が体重は元に戻った。
でもズボンが履けないというお悩みを持たれています。

 

 

骨盤のまわりがパンパン。
ズボンのボタンが閉まらない。
太ももの付け根のところで引っかかる。
でもご安心ください。
骨盤矯正をすると履けるようになります。

 

 

もしあなたのお友達などがご存知なければ、
教えてあげてください。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境で産後の骨盤を整えたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。

 

 

メールでご予約の方はこちら
LINEでご予約の方はこちら
電話でのお問い合わせはこちら

 

 

保育士のいる骨盤矯正整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘

ページトップへ