産後骨盤矯正ブログ

ヘルニアで手術をする時とは?

  • 2015年11月06日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

ヘルニアで手術をする時とは?

こんにちは。
大阪市の保育士がいる骨盤矯正サロン
リボディ魚住の魚住行弘です。

 

 

今日は「ヘルニアで手術をする時とは?」というお話です。
患者さんからよくある質問です。
だから今回の話題にしてみました。

 

 

産後に体の症状で多いのは、
・抱っこ紐をしていると腰が痛い。
・長く歩くと骨盤周りがグラグラ感じる。
・朝起きると足がしびれている。
・夕方になると頭痛がする。

 

 

とヘルニアの症状がチラホラ出ている
産後のママさんが多くいます。
そこでヘルニアの症状を解消するために、
解説していきたいと思います。

 

 

目次

 

 

ヘルニアは手術?

なぜこれを説明するかと言うと、
ヘルニア=手術という方程式?公式??
みたいに思っている人が多いからです。

 

 

MRIでヘルニアになっていた。
レントゲンでヘルニアになりかけている。
ヘルニアみたいに足がしびれている。
ヘルニアだから手術をしないといけない。

 

 

こんな方が多いと思います。
安心してください。
「手術をしなくていい方法」があります。
それは骨盤矯正による整体です。

 

 

骨盤矯正だけで治るの?

私の整体院であるリボディ魚住では
骨盤矯正によってヘルニアが改善した、
ヘルニアの痛みがなくなった、
ヘルニアのしびれが取れた、という人が多いのです。

 

 

もちろん整体だけでは改善できません。
きっちりとした生活習慣の改善が必要です。
ヘルニアはこの生活習慣を改善することで、
驚くような結果になります。

 

 

骨盤矯正+生活習慣

 

 

生活習慣って、
イスの座り方や
歩き方、
荷物の持ち方なんかです。

 

 

骨盤矯正を受けたらどうなるの?

5分歩くとしびれで歩けなかったのが、
1時間以上歩ける。
初診の時に腰痛で座れなかったのに、
正しい座り方を覚えて頂き、
2回目には座れるようになる。
こんな結果は当たり前です。

 

 

ですので、手術をすると決める前に
ぜひ当院の整体を受けて頂きたいと思います。

 

 

手術の選択は最終手段。
どうにもならない時にヘルニア手術を
選択さえるべきです。

 

 

骨盤矯正をするとこんなメリットがあります。
例えば、産前に履けていたズポン。
産後は履けなくなるというのがお決まりです。
しかもほとんどの産後の女性が体重は元に戻った。
でもズボンが履けないというお悩みを持たれています。

 

 

骨盤のまわりがパンパン。
ズボンのボタンが閉まらない。
太ももの付け根のところで引っかかる。
でもご安心ください。
骨盤矯正をすると履けるようになります。

 

 

もしあなたのお友達などがご存知なければ、
教えてあげてください。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境で産後の骨盤を整えたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。

 

 

メールでご予約の方はこちら
LINEでご予約の方はこちら
電話でのお問い合わせはこちら

 

 

保育士のいる骨盤矯正整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘

ページトップへ