産後骨盤矯正ブログ

あなたの腰痛を長引かせる無意識の行動

  • 2015年10月26日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「あなたの腰痛を長引かせる無意識の行動」についてご説明します。

なぜこれを説明するかと言うと、
あなたも必ず無意識でしているからです。
こんなことしていませんか??
しているとしたら腰痛が長引いて当たり前なんです。

靴下を履くときに腰が痛い。
ベッドから起き上がる時に腰が痛い。
子供を抱っこすると腰が痛い。
座っていると腰が痛い。
ストレッチをすると腰が痛い。

想像してください。
料理をしている時に誤って指を切り、
怪我をしてしまいました。
バンドエイドを貼って安静に努めますよね。

これが当たり前なんです。
腰痛も同じなんです。
切り傷のような傷が筋肉にあって、
痛い!と思う瞬間に傷口から血が少し出るんです。
治りかけている傷がまた大きくなるんです。

靴下を履く時に腰が痛いなら、
痛くないように靴下を履くべき。

起き上がる時に腰が痛いなら、
痛くない起き上がり方があるのです。

抱っこすると腰が痛いなら、
抱っこを少し減らすべきなんです。

全くの安静なんて無理です。
でも、傷を広げない使い方をすることはできます。
しかも10回同じような行動があるなら、
その内3回だけでも痛くないように使うと傷は治りやすいのです。
だからこういった感じで必ず痛くないようにまず使うべきなんです。

腰痛の時にあなたはどうしていますか?
私の整体院ではこの生活習慣と言われる動き方に、
注意をして整体をしています。

今日はここまでです。
大阪市女性専用腰痛専門整体院 リボディ魚住でした。

ページトップへ