産後骨盤矯正ブログ

産後の骨盤矯正がなぜ必要か?その4:産後の体質変化

  • 2015年10月19日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「産後の骨盤矯正がなぜ必要か?その4:産後の体質変化」についてご説明します。

なぜこれを説明するかと言うと、
よく産後の患者さんから聞くある1つのことがあるからです。

「産後は体質がかわるから、、、」

これホントなんですか?って聞きたくなります。
だって産後に体質が変わる→みんなが??ってなりませんか?
これも前回お伝えしたように、原因があるからですよね。

例えば、
産後に腰痛が出てくる。
産後に便秘が続いている。
産後に冷え性になった。
産後に風邪をひきやすくなった。

これらは「産後の体質の変化」と捉えられやすいですね。
でも原因がありますよ。
それが今日のお題です。

結論を先に言います。
それは「腸内環境の変化」です。
そうなんや!!って思った方。
ぜひ本質まで理解してください。

産後の骨盤と腸内環境
どこでどうなって関係があるのか?

それは骨盤の中に収まっているのが、大腸や小腸なんです。
これらが骨盤が開くことによって、やはり引っ張られる。
それにより、収縮という運動がしにくくなるのです。
だから便秘や栄養が吸収しにくくなるんです。

大腸はもともと消化や吸収をする臓器なんです。
その大切な臓器の働く環境が悪くなるので、
そりゃ、体質も変わりますがな、、、という話です。

今日はここまでです。
次回はではなぜ体質が変わるんだ?ということをお話しします。
お楽しみに。

大阪市女性専用腰痛専門整体院 リボディ魚住でした。

ページトップへ