産後骨盤矯正ブログ

正座で座ると腰痛に良いけど、、、

  • 2015年10月14日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「正座で座ると腰痛に良いけど、、、」についてご説明します。

なぜこれを説明するかと言うと、
ある角度からは良いことも他の角度からは良くないことが多いからです。
今日は地べたに座った時が正座が一番良い姿勢と前回のブログでお話ししました。
今日はその続きです。

正座で座ると腰痛には確かに良いのです。
でも◯◯には良くないのです。

答えは膝です。
膝は正座をすると、かかととお尻がぴったりひっつきますね。
実はこんなに曲がらないのです。

?????
って感じですよね。

正座をした時と、立ったまま膝を曲げていった場合の違いです。
正座をした時はぴったりひっつきます。
でも立っている時は全くひっつきません。

これは体重がかかるために、
正座をしている時は膝がひっつくというものなんです。
逆に体重がかからないと、膝はそこまで曲がらない構造になっています。
曲がらないのに体重で曲げているのです。
これは内部で何かが破壊されているのです。

その破壊とは主に軟骨や靭帯といった柔らかいものです。
柔らかいので形は変えやすいのですが、
傷つきやすいものでもあります。

この破壊が進むと、
腰痛どころか膝痛なども始まります。
出産後の方などは特に気をつけてください。
地べたでオムツなどを変えていると、
膝が痛くなりやすいので。

それでは今日はこの辺で。
大阪市女性専用腰痛専門整体院 リボディ魚住でした。

ページトップへ