産後骨盤矯正ブログ

腰痛の時のイスの座り方 その2

  • 2015年10月05日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「腰痛の時のイスの座り方 その2」をご説明します。

なぜこれを説明するかと言うと、
イスには「いい姿勢」で座るべきだからと前回のブログでお話ししました。
でも現状、はっきりとこの姿勢がいいという形がわかっていない。

背中をピンとさせて座る、、、
お腹をへこませて座る、、、
背もたれをできるだけ起こして座る、、、
足をひっつけてお行儀よく座る、、、
イスには奥の方までしっかりと深く座る、、、

そんな感じの人が多いのです。
特に腰痛やぎっくり腰、ヘルニアの人は特にです。
これは正しい情報を受け取っていないからです。

私が正しい「腰痛の時のイスの座り方」をご説明します。
その前にまずやる前の注意点を2ついいます。

①まずは1分くらいで行うこと。
最初はずっと続けれるほど体が慣れていないからです。
この1分を1日の中で5回くらいすること。

オススメは朝・昼・晩のご飯の時にすることです。
これだけでも3回で3分できます。
あとはトイレとかでやる。
これで5分なんかは簡単にクリアできます。

②いい姿勢をしていて、
「腰が痛い、、、」と思う時は、
角度や時間を少し緩めて痛くない状態ですること。

この2点が「腰痛の時のイスの座り方」です。
特にぎっくり腰やヘルニアの方は要注意です。
では今回はやる前の注意点でしたので、
次回はどうしたらいいの?という腰痛の時の具体的な座り方をご説明します。

お楽しみに!
大阪市の女性専用腰痛専門整体院 リボディ魚住でした。

ページトップへ