産後骨盤矯正ブログ

腰痛の時のイスの座り方 その1

  • 2015年10月03日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「腰痛の時のイスの座り方 その1」をご説明します。

なぜこれを説明するかと言うと、
イスには「いい姿勢」で座るべきだからです。
しかも腰痛なんかの時は、余計に注意した方がいいです。
でももっと大事なのは普段から気をつけることですけどね。
そして、ほとんどの人は「いい姿勢」が何かをわかっていないのです。

背中をピンとさせて座る、、、
お腹をへこませて座る、、、
背もたれをできるだけ起こして座る、、、
足をひっつけてお行儀よく座る、、、
イスには奥の方までしっかりと深く座る、、、

果たしてこれで本当にあってるのでしょうか??
この間違った知識はいつからあなたの体に入っているのでしょうか??
おそらく子供の学校の先生とかに言われていたはずです。

「正しい姿勢で座りなさい」
これ抽象的ですよね?
だってどこをどうしたら、
正しい姿勢になるのかさっぱり言ってませんから。

それでも子供の頃はそれが普通なんだと思って、
聞いたことなんかありませんでした。
今なら聞きますよ。

「どこをどうやったら正しい姿勢になるのですか?」

はっきりと定義があるんです。
だからリボディ魚住では腰痛の方を整体する時に、
必ず「正しい姿勢」もご説明します。
逆に説明しなくて腰痛なんかは改善できません。
これは10年以上、多くの腰痛の女性に関わってきたんで言い切れます。

それでは今日はここまでとします。
次回のブログでは具体的な「正しい座り方」をご説明します。
お楽しみにしてください。

ページトップへ