産後骨盤矯正ブログ

腰痛の女性に必要なお風呂の入り方

  • 2015年10月02日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「腰痛の女性に必要なお風呂の入り方」をご説明します。

なぜこれを説明するかと言うと、
皆さん知らずに腰痛に良かれと思ってしていることが
実は体のためになっていなかったりするからです。

腰痛のためにヨガに行く、、、
腰痛だからお風呂でゆっくりと温もる、、、
腰痛だからお風呂上がりにストレッチをする、、、
腰痛予防にジムに行って、マシンで鍛える、、、

まだあるでしょうか?
こんなもんでしょう(笑)
これらが腰痛に良かれと思ってしていることです。

これ、一体何のためにしているか?

物事の本質です。
「健康のため、体のため」と聞こえてきそうです。
ではどんな風に健康のためになるのでしょう?
どんな風に体のためになるのでしょう?

考えたことありますか?

そう聞くと、
友達から聞いたから。
雑誌に載っていたから。
昔から良いって聞くから。

こんな理由になるんです。
体のことを勉強している専門家からしたら「???」です。
私の知識をひけらかす意味ではありません。

これでは全部が人の責任になっているんです。
そうではなくて、不変の法則があるじゃないですか。
それを大事にして欲しいです。

例えばお風呂でしっかりと温もるという行動。
お風呂も温もり方があるんです。

低めの温度でゆっくり入るか?
低めの温度で素早く入るか?
高めの温度でゆっくり入るか?
高めの温度で素早く入るか?

この答えは次回お伝えします。
大阪市の女性専用腰痛専門整体院 リボディ魚住でした。

ページトップへ