産後骨盤矯正ブログ

座骨神経痛の痛みとは??

  • 2015年09月26日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「坐骨神経痛の痛みとは?」をご説明します。

なぜこれを説明するかと言うと、
病院では坐骨神経痛のことをあまり説明してくれないからです。

お尻のあたりがビリビリ痛む。
太ももの裏がピーンと突っ張って痛い。
右足全体が正座のあとのようにしびれる。

このような症状が坐骨神経痛の症状です。
お尻のえくぼの奥の方から坐骨神経は出てきています。
その坐骨神経が引っ張られることにより痛みやしびれが出るのです。

なんで坐骨神経が引っ張られるのか??
原因は骨盤のズレや開きなんです。
2ヶ月ほど前にこんな患者さんが来られました。
症状はこれです。

歩き続けると痛い。
同じ姿勢で立っていると痛い。
同じ姿勢で座っていると痛い。
同じ姿勢は痛くて5分もできない。
痛むのは決まって左側のお尻から太ももの裏。

病院でシップと痛み止めの処方。
2週間様子を見たようですが、
時間の経過とともに坐骨神経痛の症状はきつくなっていったようです。

リボディ魚住の整体を受けていただき、
週1回の整体を2ヶ月受けた結果、
シルバーウィークには宮城県で行われた
「嵐のコンサート」に行って来られたようです。

5分も座れない人にとって、
飛行機なんかは不安だったと思います。
でも楽しかったです!!という言葉とお土産を頂きました。

そんな遠くに行ってもリボディ魚住のことを覚えていただける、
本当に感謝の気持ちです。
僕なんかにはできないこと。
頭が本当に下がります。

座ったり立ったり、歩くのが辛いという坐骨神経痛でお悩みの方、
大阪市の腰痛専門整体院 リボディ魚住が協力して改善します。

ページトップへ