産後骨盤矯正ブログ

冷やすべき?温めるべき?

  • 2015年02月28日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

寒い時には温泉に限ります。

あたたかいお湯につかると、血行も促進されるので

肩こりなどにお悩みの方にはいいですね。

しかし、腰痛の場合は症状をしっかり見てから温泉に入るか

それとも寝転がって冷やすかを決めましょう。

 

 

ぎっくり腰のような急性の腰痛になっている場合

その部分は筋肉の断裂を起こしている可能性が高いです。

それは、しっかり冷してあげることが大切です。

炎症、つまり燃えている部分はきちんと鎮火してあげましょう。

腰痛は温めれば治る、と思い、温泉にじっくりつかる。

その後、さらに痛くなること間違いなしです。

だって、冷やさなければいけないところを温めるのですから。

熱が出ていて冷やさなければいけないところに

湯たんぽを差し入れするのと似ていますよ。

 

 

どちらの腰痛なのか判断に悩む際には、ぜひHPを参考にしてください。

大阪市の整体院、リボディ魚住のホームページには

皆さんが知りたい情報が盛りだくさんです。

腰痛、膝痛、股関節痛・・・それぞれについて書いていますので

注意深く読んでみてください。

腰痛を温めてはいけない理由が良く分かりますし、どんな時は冷やして、どんな時は温めてもいいのかが分かりますよ。

ページトップへ