産後骨盤矯正ブログ

腰痛の原因は冷房病?

  • 2015年08月21日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

腰痛といえば、冬にひどくなりイメージがありますが

実は夏にこそ気を付けてほしい病気としても挙げられています。

その理由は、冷房病です。

室内と室外の温度差が5度以上になると発症する病気で、原因は自律神経の乱れです。

症状として、手足の冷えや肩こり、頭痛やむくみ、そして腰痛が挙げられます。

 

 

冷えると血行が悪くなるので、腰痛や肩こりはさらに悪化します。

体を冷やしすぎないように、常に上着やひざかけなどを準備しておかないと

慢性的なだるさなどに悩まされることにもなります。

この冷房病は、女性の方がかかりやすいので気を付けてください。

冷え対策はもちろんですが、帰宅したら湯船につかって体を温めるなどを

しっかり心がけましょう。

 

 

冷房病で腰痛になりますが、腰痛の原因はもちろんそれだけではありません。

骨盤のゆがみや筋肉疲労なども考えられます。

これは温めたり冷えを予防したりするだけでは劇的な改善は見られません。

なかなか治らない腰痛にお悩みの場合は、整体に行くことをお勧めします。

 

 

大阪市周辺ならば、リボディ魚住があります。

玉造駅から徒歩数分のところにありますので、お気軽にお越しください。

ページトップへ