産後骨盤矯正ブログ

強い刺激は固まった筋肉には厳禁である!

  • 2015年08月15日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

家族や親族が集まるお盆。

小さな子どもに、腰や肩を叩いてもらったり

揉んでもらったりすることがありませんか。

腰が痛いからちょうどいいと思いやってもらったら

翌日は逆に痛くて動けなくなってしまう。

これはよくあることなのです。

 

 

叩く、揉むという動作は、慢性的に腰痛を感じている人には

あまりお勧めできません。

というのも、慢性的に腰痛や腰の重さを感じているということは

筋肉の柔軟性が欠けてしまっている可能性が高いからです。

固まっている筋肉にさらに刺激を与えると

その部分はその刺激に対応してさらに固くなったり

叩く刺激に負けてしまい、筋肉自体が断裂して

炎症を起こしたりしてしまいます。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住では、腰痛の治療の際に

叩く、揉むということは一切行いません。

患部を直接触るのではなく、体のバランスと骨盤を整えることによって

痛みやコリをほぐし、腰痛を改善させていきます。

強い刺激に慣れてしまっている患者さんだと

初回は物足りない、と感じることもあるようです。

しかし、施術を受ければ受けるほどに改善していくので

強い刺激を与えないと筋肉はほぐれない、と思っている方は

かなり驚かれますよ。

ページトップへ