産後骨盤矯正ブログ

若者要注意!ぎっくり腰はすぐそこに

  • 2015年08月07日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

昔は、ぎっくり腰と言えば50代に多い疾病でした。

しかし、今はさらに若年層へと広がり

30~40代の方にもとても増えています。

仕事と家事の両立で、常に疲労が蓄積している上に

仕事で同じ姿勢を続けることも多いからです。

 

 

筋肉が緊張して固まってしまうと、血行が悪くなり

そこに疲労物質である乳酸がたまってしまいます。

いつまでも排出されない上に、血液が体全体に運ぶはずの

酸素も行き渡りません。

そうすると、その部分に痛みや重さ、コリが出るのです。

 

 

腰痛は少しくらい仕方ない、と甘く見て放置していると

どんどん固まってしまい、ある日突然動けないほどの激痛・・・という場合も。

それを防ぐためにも、日々できる限り血行促進をするように心がけましょう。

慢性的な腰痛の際にはストレッチを。

しかし、ぎっくり腰のように急激に痛くなった場合は、安静にして

とにかく冷やすことが大切になります。

痛みや状態によって、対処法を変えましょう。

 

 

不安な方は、大阪市の整体院、リボディ魚住へどうぞ。

どんな腰痛にはどんなふうにしたらいいのか、という情報も

HPやブログに掲載しています。

腰痛予防のための骨盤矯正も行っています。

ページトップへ