産後骨盤矯正ブログ

妊娠と腰痛

  • 2015年08月04日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

妊婦さんは、腰痛になりやすいです。

お腹が大きくなればなるほどです。

その理由は、腰がどんどん反ってくるからです。

通常でも、女性はヒールを履いたりすることが多く

反り腰になりやすいのですが、妊娠中は

より反りやすくなります。

 

 

また、妊婦さんは骨盤が徐々に開いていきますから

不安定になりがちです。

股関節にも負担がかかり、足がしびれたり

むくんだりしやすくなります。

 

 

しかし、妊娠中は骨盤をあれこれするわけにはいかないので

負担がかからないように、妊婦さん用のサポーターや

コルセットなどで支えてあげてください。

 

 

そして産後は、1ヶ月目までは

できるだけ安静にし

骨盤ベルトなどで適度に固定して

腰の筋肉に負担をかけないようにしましょう。

 

 

その後、落ち着いたら、早めに骨盤矯正をしましょう。

骨盤にゆがみがあると、腰痛はもちろんですが

股関節痛や、生理が始まった時の痛みなどが

ひどくなったりします。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住は女性専門の整体院です。

産後の骨盤矯正も行っています。

専門の保育士が常駐していますので

お子様連れでも安心して通っていただけます。

完全予約制ですので、まずはお電話を。

ページトップへ