産後骨盤矯正ブログ

腰痛ってどこからどこまで?

  • 2015年07月23日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

腰痛、と言いますが、腰の定義ってどこからどこまででしょうか。

一般的には、腰は、脊柱の下の部分から骨盤のあたりまでとなります。

この辺の痛みやハリ、違和感なども全部腰痛。

 

 

そして、腰から足の先までに及ぶしびれや痛みが起こる

坐骨神経痛なども腰痛となります。

ちょっと不思議な感じですよね。

そしてこの腰痛の大半は、骨のゆがみが影響しています。

 

 

骨盤のゆがみは、周囲の筋肉や筋に

大きな影響を与えます。

おかしな方向に引っ張られてしまい

そのままの状態がキープされるので

筋肉が固まってしまい、痛めやすくなります。

 

 

最初は腰痛から始まっても、最終的には

背中や首、そして股関節や膝まで

痛みが広がってしまいます。

これを防ぐためには、腰痛の時点で

ストップさせることが重要なのです。

 

 

体のメンテナンスは、痛くなる前に

定期的に行うのが理想的です。

整体は痛くなったら行くものではありません。

痛くなる前の予防策として行うのもポイントです。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住には

体のメンテナンスで通ってきている人も

多くいらっしゃいます。

治療も予防も、当院でご相談に乗ります。

お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ