産後骨盤矯正ブログ

腰痛が起こりやすい日本人について

  • 2015年07月20日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

なぜ私たちには腰痛が起こりやすいのか。

それは、体の中で最も負担が大きいのが腰だからです。

人は重さが数キロもある頭を持ち、

しかも動物と違って二足歩行をするので

そのかなめとなる腰、そして背骨にかなり大きな負担がかかってきます。

重さを支える他、体を曲げ伸ばししたりする際に

これまた要となるので、負荷がかかるのは当然です。

 

 

特に前傾姿勢になると、通常の4倍の負荷が

腰にかかってきます。

おじぎをよくする人や、前傾姿勢が多い仕事をしていると

若いうちからひどい腰痛に悩まされることも多々あります。

 

 

特に女性は筋力も弱いので、前傾やあごが前に出た姿勢は

出来る限り避けていきたいものです。

礼儀正しいのも、腰痛に関して言えばかなり考えものです。

 

 

おじぎをあまりする習慣がない外国では

腰痛が起こりにくいのはこのためとも言えます。

 

 

どんな姿勢がどのように負担をかけるのか。

それを知りたいのなら、ぜひ大阪市のリボディ魚住へ

お越しください。

説明をしっかりしての施術になりますが、

それに納得いかなければ全額返金保証をお付けして

お待ちしております。

電話、またはホームページからお問い合わせや

ご予約をお願いいたします。

ページトップへ