産後骨盤矯正ブログ

低血圧は腰痛の原因に

  • 2015年07月19日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

女性が腰痛になりやすい原因の1つに

低血圧があります。

 

低血圧が腰痛の原因になるなんてあまり聞いたことがないかもしれませんが

血行が悪いと腰回りの疲労物質がうまく流れなくていつまでもだるいままになりますし

冷え性などになりやすくなりますので、余計に血行が悪くなってしまいます。

かといって血圧を急激に上げることもできませんよね。

 

そこで提案したいのが、血行を阻害する原因を取り除くことです。

腰回りの結構不良の原因は、骨盤のゆがみにあることが多いです。

骨盤のゆがみに引っ張られた筋肉や筋、

ゆがみによってずれた臓器などが血管を圧迫している可能性が

意外に高いのです。

 

骨盤を整えることで、血行不良も解消し、腰痛も改善してきます。

生理痛がひどい、生理の際に腰が重い、などの症状がある方は

骨盤矯正をすることでこれらのトラブルも解消します。

 

大阪市の整体院、リボディ魚住は女性専門の整体院です。

整体の方法も、手のひらを骨盤に当てて優しく押さえる

痛みのない整体方法になります。

整体と言えばボキボキでしょう、と思っている方は

その施術の痛みのなさに驚くかもしれませんね。

 

ぜひ体験してください。

ページトップへ