産後骨盤矯正ブログ

腰痛はヘルニアが原因?

  • 2015年07月17日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

腰が痛い時は椎間板ヘルニアを疑いましょう。

そのように言われることがあります。

ヘルニアとは、軟骨が飛び出し、神経がそれによって

圧迫されるものと一般的に言われています。

手術を勧められますが、手術をしたからといって

完全に治るわけではありません。

 

 

関節はたくさんありますから、別の部分の軟骨が

飛び出してくる可能性もあるのです。

そして何より、軟骨が神経を圧迫しているという可能性は

とても低いものなのです。

 

 

というのも、軟骨はほぼ水分。

そして神経は、ストロー程度の固さがあります。

水がストローを押したところで

痛みが生じるとは思えませんよね。

 

 

それに、高齢者にはヘルニアの方が多いのですが

みんながみんな痛がっているわけではないのです。

このことからも、ヘルニアは必ずしも

腰痛の原因になるわけではない、ということが

分かっていただけるのではないでしょうか。

 

 

本当に腰痛の原因になっているのは

筋肉が固まっていることです。

骨盤のゆがみによって引っ張られ

神経や筋肉が傷んでいるんですね。

 

 

これを解消するには、骨盤矯正です。

大阪市の整体院リボディ魚住へご相談ください。

ホームページから問い合わせできます。

ページトップへ