産後骨盤矯正ブログ

椅子と床、座るならどっちが腰痛になりやすい?

  • 2015年07月06日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

同じ座りっぱなしでも、椅子に座るのと

床に座るのと、どちらの方が腰に悪いと思いますか?

・・・といっても単純なものではありませんね。

これは、座り方にもよります。

例えば、椅子に座ったとします。

きちんと深くまで座り、顎を引いて

腰が曲がらないようにし、足がしっかりと

床に届いていれば、これは正しい姿勢ですので

腰痛が起こりにくいです。

 

 

しかし、左右に傾いていたり、前傾になっていたりすると

椅子に座っていても腰痛が起こりやすくなります。

 

 

そして床に座るのにもいろいろあります。

そのまま固い床に座ると、確実に腰が痛くなります。

下半身の冷えなども関係してくるからです。

しかし、柔らかい座布団の上に

正しい姿勢で正座をすると

これは腰痛自体は起こりにくいものになるのです。

 

 

結局、腰痛を引き起こすのは姿勢なんですね。

そして、座っている所が固いと

その圧迫によって腰痛が起こりやすくなります。

骨盤のゆがみも現れます。

 

 

大阪市にある整体院、リボディ魚住は

女性専門の整体院です。

座り方などのアドバイスも丁寧に行いますので

普段の自分の状態はどうなのか。

座る姿勢が原因で腰痛になっているのかも。。。

そうお悩みなら、ご相談ください。

ページトップへ