産後骨盤矯正ブログ

同じ時間立っているのに、なぜ腰が痛い人とそうでない人が・・・

  • 2015年07月02日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

長時間の立ち仕事で腰痛を訴える人がいます。

反面、同じ時間立っていても何ともない人もいます。

その差はいったい何だと思いますか?

 

 

それはズバリ、姿勢です。

長時間立っていても腰が痛くならない人は

背中から腰にかけてきれいなS字カーブを描いており

体重がきちんと骨盤に乗っています。

ですから、腰の筋肉に極度な負担がかからないため

多少の疲労はあっても、痛みまでには至らないのです。

 

 

腰が痛む人は、いつの間にか姿勢が崩れていることが多いです。

左右どちらかに体重が乗っていたり、腰が曲がっていたり。

猫背になっていたり・・・。

そうすると、骨盤で支えるべき体重が筋肉にかかります。

おじぎをしたりして姿勢が斜めになると、かかる体重は3倍になるとも言われます。

頭が上につられたような姿勢を保つのが理想ですが、これがなかなか難しい。

 

 

難しい原因の中には、骨のゆがみもあります。

いつも立っていると腰が痛くなるという場合は、骨盤矯正を行うことで

随分と変わります。

大阪市の整体院、リボディ魚住では、骨盤矯正の他

日常生活の送り方の指導も行っていきますので

立ち方がおかしいな、と思う方はお気軽にどうぞ。

ページトップへ