産後骨盤矯正ブログ

くしゃみをしたら動けなくなった・・・

  • 2015年06月03日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

くしゃみをした途端にひどい腰痛になった。

痛くて動けない・・・。

そのような症状はぎっくり腰と呼ばれます。

このぎっくり腰、突然起こるもののように感じますが

実はその前から前兆があるのです。

 

 

それは、慢性的な腰痛。

いつも腰が痛い、腰が重い、といった症状を抱えていると

筋肉がだんだんと固まってしまいます。

柔軟性がなくなった筋肉は、ちょっとした刺激で痛めやすくなるのです。

だから、くしゃみをしただけで激痛が走ったり

しゃがんだだけで動けなくなったりするのですね。

 

 

ぎっくり腰のような症状を未然に防ぐためには

普段から腰痛に気を付けておかねばなりません。

疲労は早めに抜くようにしましょう。

そして、慢性化した腰痛を完全に取り除くためには

ゆがんだ骨盤を整える必要があります。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住では

女性の骨盤矯正をおもに行っています。

骨盤矯正と、体重のバランスの矯正。

そして、腰痛などのトラブルを引き起こす

日常生活の中での些細な動きを矯正していきます。

日常の動きにこそ、痛みの原因があることが多いのです。

 

 

アドバイスも丁寧に行います。

腰痛にお悩みの方、ひどくなる前に対策を打ちませんか。

ページトップへ