産後骨盤矯正ブログ

なぜ腰痛にウォーキング?

  • 2015年05月26日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

腰痛の人は、ウォーキングなどの運動をしなさい、と言われますね。

しかし、頑張りすぎて逆に腰痛をひどくする方がいらっしゃいます。

それでは意味がありませんので、なぜ腰痛の時にウォーキングなのか、

それについてお話していきたいと思います。

 

 

まず、慢性的な腰痛の改善のためにウォーキングを取り入れるのは

腰回りの血行促進のためもあります。

立ちっぱなし、座りっぱなし等で腰の筋肉がかたまってしまい

柔軟性に欠けた状態では、痛みが生じやすくなります。

それを予防するためには、血行を促進することがベストです。

 

 

しかし、急激に激しい運動をすると逆に筋肉を痛め

ぎっくり腰に近いような状態になることも考えられます。

それでは本末転倒ですよね。

軽い運動をすることで、血行促進と筋肉を鍛える、その両方ができるのです。

 

 

しかし、頑張りすぎると逆に筋肉が疲労して痛みを感じることも。

ウォーキング後に痛みがある場合には、少しペースを落とした方が

腰のためになります。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住ではこのような日常生活におけるアドバイスも

細かく行っていきます。

歩き方や座り方など、知っておくといい情報多数提供いたします!

ページトップへ