産後骨盤矯正ブログ

ゆがみはレントゲンでは分かりにくい?

  • 2015年05月23日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

整体でゆがみがあると言われてレントゲンを撮ったら

特に問題ないと言われた。

だからどこも悪くない。

そういう方がいますが、実は骨盤等のゆがみは

レントゲン写真では本当に数ミリしかズレがありません。

定規でチェックして初めて分かる程度です。

 

 

ですから、普通にレントゲンを見てもゆがみはない、と判断されるんですね。

そういうことがあるので、病院では原因が特定できない腰痛などがあるわけです。

病院で問題ないと言われたけれど、どうも調子が悪い。

そういう時には、やはり整体できちんと骨盤を整えた方が安心です。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住は女性専門の整体院です。

女性の骨盤を学びつくした院長が自ら施術をします。

そして整体方法も、怖い、と言われるボキボキ整体ではなく

手のひらで骨盤を優しく押さえながら矯正していくものです。

 

 

同時に骨盤のゆがみを引き起こす日常生活の癖や

体重バランスの乱れなども矯正していきます。

骨盤矯正、体重バランスの矯正、日常の癖の矯正の3点から

アプローチをしていくオリジナルの整体法と

最初に徹底検査をしたのちに立てる治療計画で

再発率はとても低くなっています。

ページトップへ