産後骨盤矯正ブログ

腰痛で手術、本当に治る?

  • 2015年05月22日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

腰痛がひどくて病院に行くと、手術を勧められることがありますね。

痛みもひどいし、治りそうにもないし

ヘルニアだと言われたらやはり手術しかないのだろうか。

そういうふうに悩む人もきっと多いはずです。

 

 

これは、本当に骨に関する異常で腰痛が起こっている際には有効です。

例えば、レントゲンを撮ったら骨が大きくずれている、等です。

しかし、大半の腰痛は骨盤のゆがみによる筋肉のバランスの崩れで起こっています。

それはレントゲンには写りません。

 

 

ですから、ヘルニアなども飛び出ている軟骨部分が見えて

そこを手術したらもう腰痛にならないのか、というと

絶対にそうとは限らず、手術をしたにもかかわらず再度腰痛に悩まされる

という人も少なくありません。

そしてその頃には別の部分の軟骨が飛び出ていると言われたりするのです。

手術をする前に、筋肉のバランスが乱れているかどうかをチェックしませんか。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住では、初回の検査を徹底してやります。

原因が分からない場合は施術をしないようにしています。

原因を特定し、きちんと説明できる状態にするからこそ

納得して治療を受けていただけるのだと思っています。

手術の前に、リボディ魚住に来てみませんか。

ページトップへ