産後骨盤矯正ブログ

めがねやコンタクトで肩こり首こり、そして頭痛

  • 2015年05月02日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

最近は子どものめがね装着率も上がってきました。

学生でもコンタクトを付けていることが多くなりましたね。

しかし、そのおかげで肩こりに悩む人も多くなっているのです。

原因は「目の疲れ」です。

 

 

めがねやコンタクトは一度作ると

視力が変わってもなかなか変えることがありません。

特にメガネは、重さも加わっているので

肩が凝りやすいのかもしれません。

 

 

目の疲れが蓄積されると、首や肩が凝り始めます。

普段から視力の変化に気を付け

めがねやコンタクトを外して目を休める時間を作りましょう。

すでに首や肩が凝っている人は

整体等でゆがみを整えるのもいいですね。

 

 

肩こりや首こりが起こると、その周辺の血行が悪くなります。

そうなると、脳に行く血液が少なくなってしまうので

頭痛も起こりやすくなるのです。

これは気を付けないと、慢性的な頭痛や片頭痛の原因に。

早めに対処して、首や肩がこりにくい姿勢や対処の方法を

学んでおくのがお勧めです。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住では

日常生活におけるアドバイスをペーパーでお渡しします。

大阪市広しといえども、リボディ魚住だけであると自負しています。

分かりやすい説明をご所望の方はぜひ当院へ。

ページトップへ