産後骨盤矯正ブログ

頭痛薬などの痛み止めを飲み続けるとどうなる??

  • 2015年04月14日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。大阪市整体院のリボディ魚住です。

今日は痛み止めについてちょっとご説明していこうかなと思っております。

 

よく皆さん腰痛とか頭痛とかあれば痛み止めって飲まれたことってあると思うんです。

もちろん痛いから。

痛み止めの役割って痛みの信号を止めていますよね、カットしています。

だから痛くないんです。

 

これもう緊急事態なんで仕方ないと思います。

ただ、リボディ魚住で整体をしていこうと思ったら、やっぱりこういうのって除々に除々に減らしていかないといけないと思います。

 

この理由なんでかっていったら二つあります。

 

まず1個は副作用があるからです。

体に悪いから。

これは多分あなたもご存じと思います。

 

二つ目なんですけど、二つ目は整体をどんどん進めていったとしたら立ち位置が分からなくなるからなんです。

どういうことかっていったら、薬飲んでたら良いも悪いも分からへんのです。

痛みがきついから飲んでるっておっしゃるんですけど、ひょっとしたら整体してて調子が良いかも知れないんです。

 

僕は整体の前に必ず毎回検査します。

そしたら薬飲んでても本人は「いいですよ」って言うてはるんですけど「いやこれ悪いやろう」って検査結果で思ったりとか。

あとは検査の結果めっちゃいいんです。

だから多分いいはずなんやけど薬飲んでたら「うんいいですね、ばっちりです」って言うて、いやそれ薬飲んでたらこれどっちも分からへん、ひょっとしたらちょっと違和感ぐらい出ているかもしれないんですね。

 

やっていくに連れ、薬っていうのはだんだんちょっと減らす方向でやっていかないといけないんです。

フェードアウトしていかないといけないんで。だから薬飲まれている方には毎回聞きます、あなたは薬やめる気ありますかって。

 

やめる気がなかったら、うちの整体に来ていただいても意味はありません。

結果が出ているのか出てないんかも分からないんで、だから最初から整体はしません。

やめる気が少しでもあってやめようとしている、でもやめ方分からへんとか怖いとか、やめるのが不安とかそういうお悩みがあればぜひ相談してください。

 

確実にあなたが薬をやめれるように体を変化させていきますので。

もちろんちゃんと痛みも取ります。

無理にやめさせたりはしません、ちゃんと順序通りにやっていったらちゃんと結果は出ます。

 

もし良かったらそういう方はご相談ください。

お待ちしております。そしたら今日はここまでです。ありがとうございました。

ページトップへ