産後骨盤矯正ブログ

腰痛でマッサージをしたら危険です。

  • 2015年04月05日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。大阪市整体院のリボディ魚住です。

今日は、マッサージの意味っていうのをちょっとご説明していこうかなと思っております。

みなさん、たとえば腰痛いとか、っていう状態で、どっか治療院に行かれますよね。
たとえば整骨院、整体院とか、どこでもいいですけど、リラクゼーションとか、いろいろあるんで、そういうところに行かれると思うんですけど。

腰が痛い状態っていうのはどういう状態かっていったら、腰の筋肉に傷が入った状態ですね。炎症起きたり、傷が入ったりした状態です。これをマッサージしてもむとどうなるかっていうことなんですけど。

考えてほしいんですけど、たとえば、手をピッと切りました、早よ治そうと思ってガーッともみますか。もまないですよね??

何するか。ここにバンドエイド貼るとか、ここかさぶたやから触らへんようにするとかって、そういう処置しますよね。

でも、あなたがされてる、たとえば腰が痛いとかっていうとき、筋肉が痛んでるんですよ、筋肉が炎症を起こして傷がついた状態ですよ、っていうのに何してるかっていうかいったら、マッサージされてると思うんです。

ぐーっと、たとえば力入れてマッサージしたりとかって、しますよね?

これ、どういうことかっていったら、皮膚で見えへんだけなんですけど、腰の筋肉に奥のほうでピッて傷入ってます、それを外からギューッと強い力でマッサージしてる。

で、これで治るかっていったら、こんなん治りませんよね。普通に考えて。ここの、手の傷をギュウギュウ触ってんのと一緒なんで、治んのがどんどん遅くなります。

こういう理論的なことがありますので、僕はマッサージっていうのはあまりおすすめしておりません。

たとえば、肩こりとかでね、筋肉がカチカチになったから、それをマッサージでほぐすっていうんやったら、別にそれはそれで、僕は一つのやり方やからいいかなとは思いますけど、炎症が起きてたりとか、まあ、腰痛やからっていってマッサージとかしていくのは、これはもう全然違いますよね。

ですんで、腰痛などでマッサージをされてる方っていうのは、このマッサージの意味をちょっと考えて受けられたほうがいいんじゃないかなと思っております。リボディ魚住ではマッサージなんかは一切しません。

はい、そしたらこれで今日は終わりたいと思います。ありがとうございました。

ページトップへ