産後骨盤矯正ブログ

第二の心臓、ふくらはぎと腰の深い関係

  • 2015年03月13日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

この頃、ふくらはぎをもむ、という健康法が注目されているようです。

実はずっと前から、ふくらはぎと腰には密接な関係があると知られていました。

ふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれるほど、血液循環に深く関わっている部位です。

体の一番下の方、ということで、重さを支えているほか

何をするにしても動かす部位のため、疲労がとてもたまりやすいです。

 

 

疲労が溜まってしまうと、血液ポンプとしての働きが弱まります。

そうすると、その上の部分の血流が滞りますから

腰回りも血行が悪くなり、疲労がたまりやすい状態になってしまうわけです。

ふくらはぎにかかる負担を減らそうと思ったら、必要なのが整体です。

 

 

左右のバランスがしっかり取れていないと、どちらかに負担がかかります。

そうすると左右がアンバランスになり、姿勢も悪くなりますし

歩き方などもおかしくなり、余計にふくらはぎの負担が大きくなります。

この左右のアンバランスさを改善するために整体が必要なのです。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住では

左右のゆがみを解消すべく、整体と、体重バランスの調整

さらにそのゆがみを引き起こしやすいクセを排除するお手伝いをしています。

ページトップへ