産後骨盤矯正ブログ

骨盤のゆがみがうつぶせ寝を招く?

  • 2015年05月25日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

寝起きの腰痛に悩まされている方。

その原因、もしかしたらあなたの寝方が原因ではないでしょうか。

もしかしたら、うつぶせにねる癖がありませんか?

うつぶせというのは、寝具にもよりますが腰がかなり反った状態です。

私たちの体はきれいなS字を描いているのですが

うつ伏せではこれが壊れた状態になってしまうのです。

 

 

そうすると、脊椎から骨盤にかけて負荷が大きくなってしまいます。

その状態で長時間寝ていると、筋肉にも負担がかかります。

筋肉に負担がかかると、筋肉はかたまってしまいます。

そうすると、血流も悪くなるし、柔軟さもなくなってしまうのです。

気付いたらうつぶせ寝になっている、という人は

せめて寝具を低反発のものにするなどの工夫をしましょう。

 

 

しかし、一番いいのはすでに出ているゆがみを矯正することです。

あおむけで寝にくいのは、骨盤のゆがみが出ているからです。

こちらを矯正することにより、腰に一番負担が少ないあおむけで寝ることが

できるようになるのです。

 

大阪市の整体院、リボディ魚住では

マッサージではなく、骨盤を整えていく整体法で

骨盤のゆがみをしっかりと解消していきます!

ページトップへ