産後骨盤矯正ブログ

寝る姿勢がゆがみを・・・

  • 2015年05月20日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

朝起きたとき、いつも同じ姿勢になっていませんか。

その姿勢が常にうつ伏せ、横向きの人。

または、いつも片足だけが曲がっている人は骨盤にあまりよくないかもしれません。

 

 

特に横向きや片足だけ曲がっている人は

バランスの悪いゆがんだ姿勢になっています。

片方だけに荷重がかかり、骨盤のゆがみにも影響します。

あおむけに寝るのが一番良いのですが、寝ている間にそれをやるのも難しいです。

 

 

せめて寝るときにはあおむけで寝るようにしましょう。

そして、体を整えてあおむけに寝やすくするためにも

おすすめしたいのが、骨盤矯正です。

 

 

左右のゆがみを整えると、だんだんと左右対称の正しい姿勢が取りやすくなります。

同時に日常生活における寝方のような癖を改善していくと

骨盤矯正後もゆがみが出にくくなります。

骨盤矯正と癖の改善、この両輪でやっていくことが

体を正しい状態に整えることに繋がります。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住では

そこにさらにプラスして体重バランスの矯正も行っていきます。

この3点からアプローチするオリジナルの整体法、リボディ式トライアングル整体で

体をバランスよく整えていきます。

ページトップへ