産後骨盤矯正ブログ

30過ぎたら骨盤矯正を

  • 2015年05月17日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

私たちの体は、20代がピーク。

筋力等が落ちていくというのは知られていますが

実はその影響により、骨盤もゆるんでいきます。

ですから、30代40代は、定期的に骨盤矯正等の

ケアを行う方が安心なのです。

 

 

特に女性は、骨盤が開いてくると

内臓の下垂の他、子宮などにもトラブルが起こりやすくなります。

生理痛や冷えがひどくなるのもこの影響です。

更年期やうつ症状も関係していると言われるほどです。

それならば、普段から気を付けておく方がいいですね。

 

 

普段から姿勢が悪いと感じていたり

座りっぱなし、立ちっぱなしなど、同じ姿勢でいることが多い人は

特に骨盤がゆがみやすいです。

定期的なメンテナンスを心がけることで、内臓下垂や子宮のトラブルなどを

防げるほか、スタイルが崩れるのも予防することができます。

 

 

なぜスタイルが崩れるのを防ぐのか、というと

骨盤が開くと、その周囲に脂肪がつきやすくなるし

冷えで代謝が落ちるので、下半身太りになりやすくなるからです。

 

 

骨盤矯正ができる整体院を大阪市でお探しながら

院長自らが施術する整体院、リボディ魚住へどうぞ。

初診以外は20分程度で終わることができますので

忙しい方にも通いやすいですよ。

ページトップへ